WordPress

スポンサーリンク
LiteSpeed Cache

複数ページの PageSpeed Insights の結果を一括で取得する方法

ウェブブラウザで複数ページの PageSpeed Insights の結果を取得するのは煩雑な作業ですので、スクリプトで一括で取得するようにしました。この先、QUIC.cloud CDN の無料枠を使い切った場合、またリージョンを絞った場合の影響を調査するのに使用します。
LiteSpeed Cache

WordPress LiteSpeed cache プラグイン使用時に twitter でアイキャッチ画像を正常に表示させる方法

Twitter に WordPress の記事の URL を貼り付けた際にアイキャッチ画像が表示されない状態でした。事前に Twitter Card validator に URL を貼り付けてから新規 tweet を作成すると解消しました。ただ、現在では URL 貼り付けのみで画像が表示されるようになりました。トラブルの原因ははっきりしないですが解決しました。
レンタルサーバー

WordPress WP Crontrol プラグインのインストールと wp-cron.php を LOLIPOP! の cron から起動する

WordPress に WP Crontrol プラグインをインストールして wp-cron に追加されているイベントを確認しました。また、wp-cron.php を LOLIPOP! レンタルサーバーの cron から起動する事で定時実行とアクセス増加時の負荷軽減対策を設定しました。
LiteSpeed Cache

WordPress LiteSpeed Cache プラグインのその他の項目を調整する方法

LiteSpeed Cache プラグインの設定項目のうち、これまで説明していなかった「一般」「キャッシュ」「データベース」「クローラー」「ツールボックス」について、私の設定を紹介します。
LiteSpeed Cache

WordPress LiteSpeed Cache プラグインの画像の最適化を調整する方法

LiteSpeed Cache プラグインの画像の最適化の項目を調整する方法をまとめました。WebP 化、遅延読み込み、ビューポートイメージの最適化の例を記載しています。現状ではトップページは PageSpeed Insights のパフォーマンス100です。
Cocoon

WordPress LiteSpeed Cache プラグインの「ページの最適化」を調整する方法

LiteSpeed Cache プラグインの「ページの最適化」を調整する方法について、実際の手順を交えて説明しました。Cocoon テーマを使用している場合には、Cocoon Child CSS を除外すれば安定するかも、です。
Cocoon

LOLIPOP! & WordPress & Cocoon を1カ月使用した感想

LOLIPOP!、ムームードメインに契約し、WordPress & Cocoon を使い始めて1カ月が経過しました。この1カ月の振り返りをまとめました。ネガティブな内容が殆どありませんが、実際にポジティブな印象ばかりです。
LiteSpeed Cache

QUIC.cloud の DNS を使用して LiteSpeed Cache で CDN を有効にする方法

QUIC.cloud の DNS サーバーを使用することで、LiteSpeed Cache プラグインで CDN を有効にする事が出来ました。ドメインの管理をロリポップ!からムームードメインに移行し、更に DNS サーバーを QUIC.cloud に変更すれば、CDN を使用するのに必要な FQDN を CNAME で追加する事が出来ます。
BackWPup

WordPress のバックアップデータを rsync で定期的に Synology NAS に同期する

WordPress の BackWPup プラグインでバックアップしているデータを、Synology DS218+ に定期的に同期するように設定しました。rsync + ssh で同期して、一定回数のバックアップを残します。
Cocoon

Google AdSense 承認と ads.txt の配置とレイアウト変更と AMP 機能の有効化

Google AdSense 通りました。これを機に規約違反になりそうなレイアウトを見直しました。また、Cocoon テーマの AMP 機能を有効化し、AMP テストに不合格になる項目を修正しました。Cocoon 標準のアソシエイト機能を使うように変更しました。
スポンサーリンク