スポンサーリンク

LiteSpeed Cache プラグイン Ver.6.0 アップデート

LiteSpeedCache_VersionUP_6.0
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

LiteSpeed Cache プラグイン Ver.6.0 へアップデート

2024年7月7日現在の最新の LiteSpeed Cache プラグインのバージョンは、2024年4月25日に公開された Ver.6.2.0.1 です。WordPress のプラグインは、セキュリティー対策を含む事が多いので、出来るだけ最新にするようにお勧めします。

2023年12月12日に LiteSpeed Cache プラグイン Ver.6.0 が公開されました。アップデートが表示されて直ぐに12月13日に更新しました。メジャーアップデートなので心配しましたが、特に不具合はありませんでした。

前回 Ver.5.7、Ver.5.7.0.1 にアップデートした際の記事はこちらです。Ver.5.7 には 10月10日に、Ver.5.7.0.1 には 10月26日にアップデートしていました。

Ver.6.0 の ChageLog は以下の通りです。

  • 🌱Image Optimize Parallel pull. (⭐ Contributed by Peter Wells #581)
  • 🌱Cache CLI Crawler.
  • 🌱Cache New Vary Cookies option.
  • 🌱Media New Preload Featured Image option. (Ankit)
  • Core Codebase safety review. (Special thanks to Rafie Muhammad @ Patchstack)
  • Purge Purge will not show QC message if no queue is cleared.
  • Purge Fixed a potential warning when post type is not as expected. (victorzink)
  • Conf Server IP field may now be emptied. (#111647)
  • Conf CloudFlare CDN setting vulnerability patch. (Gulshan Kumar #541805)
  • Crawler Suppressed sitemap generation msg when running by cron.
  • Crawler PHP v8.2 Dynamic property creation warning fix. (oldrup #586)
  • VPI VPI can now support non-alphabet filenames.
  • VPI Fixed PHP8.2 deprecated warning. (Ryan D)
  • ESI Fixed ESI nonce showing only HTML comment issue. (Giorgos K.)
  • 🐞Page Optimize Fixed a fatal PHP error caused by the WHM plugin’s Mass Enable for services not in use. (Michael)
  • 🐞Network Fix in-memory options for multisites. (Tynan #588)
  • Network Correct Disable All Features link for Multisite.
  • 🐞Image Optimize Removing original image will also remove optimized images.
  • Image Optimize Increased time limit for pull process.
  • Image Optimize Last pull time and cron tag now included in optimization summary.
  • Image Optimize Fixed Elementors Slideshow unusal background images. (Ryan D)
  • 🐞Database Optimize Fix an issue where cleaning post revisions would fail while cleaning postmeta. (Tynan #596)
  • Crawler Added status updates to CLI. (Lars)
  • 3rd WPML product category purge for WooCommerce. (Tynan #577)
https://wordpress.org/plugins/litespeed-cache/#developers

新機能としては 4項目です。

  1. 画像の最適化で並列で読み込みに対応
  2. CLI Crawler の追加 (コマンドラインでクローラーを実行する機能でしょうか)
  3. キャッシュ項目の [8] 高度な設定に、"Vary Cache" オプションの追加 (どのような機能なのかは未確認。「更に確認」のリンク先が異なっているので詳細確認できず -> 見つかりましたので以下に追記)
  4. ページの最適化項目の [4] メディア設定に、"Preload Featured Image" 項目の追加 (和訳されたら書き換えます)。

他、バグフィックス4項目と、主に PHP 8.2 への対応による修正のようです。

Vary Cache オプションについて

This option is for you if you are using a third party plugin that uses cookies to change the content displayed on a page.

このオプションは、ページに表示されるコンテンツを変更するためにクッキーを使用するサードパーティのプラグインを使用している場合に使用します。

https://docs.litespeedtech.com/lscache/lscwp/cache/#vary-cookies

Cookie を使うサイト、例えばショップ等で使用するオプションのようです。日記やブログでは、おそらく使わないと思います。

Preload Featured Image オプションについて

Enable this option to allow your posts' Featured Images to be preloaded in browsers that support it. When you instruct the browser to pre-load a post's Featured Image, it begins loading the image even before it begins to render the page, which can potentially eliminate the image as a render-blocking element.

このオプションを有効にすると、それをサポートするブラウザで投稿の注目画像 (Featured Images, アイキャッチ画像) がプリロードされるようになります。投稿の注目画像をプリロードするようブラウザに指示すると、ページのレンダリングを開始する前から画像のロードが開始され、レンダリングをブロックする要素として画像を排除できる可能性があります。

https://docs.litespeedtech.com/lscache/lscwp/pageopt/#preload-featured-image

アイキャッチ画像を優先的に読み込ませる設定です。ページの読み込みが最適化されるような機能ですので、試しに ON にしてみました。

スポンサーリンク

LiteSpeed Cache プラグイン Ver.6.0.0.1 へアップデート

2023年12月15日に LiteSpeed Cache プラグインを Ver.6.0.0.1 へアップデートしました。

  • 🐞Image Optimize Grouped the taken notification to regional center servers to reduce the load after image pulled.
https://ja.wordpress.org/plugins/litespeed-cache/#developers

バグフィックス1件の修正です。

(2023年12月16日 追記)

WordPress とプラグインは出来るだけ最新に

広く使われている WordPress と、そのプラグインは、セキュリティーホールが見つかった場合に影響が大きいと思います。アップデートして不具合が発生した場合は別として、出来るだけ最新に維持する方が良いかと思います。

これからも、人柱半分、興味半分で、出来るだけ早めに更新していきたいと考えています。

LiteSpeed Cache プラグインの最適化方法

これまで取り組んできた LiteSpeed Cache プラグインの最適化についてまとめたページです。興味のある方は参照下さい。PageSpeed Insights のスコアは、Desktop / Mobile 共に 90 以上を維持できます。

プラグイン等のアップデートの際のトラブル防止

アップデートの前にはバックアップしておくと安心です。私は自宅の NAS (Synology DS218plus) に BackWPup プラグインのバックアップデータを同期させています。

プラグイン等を更新する前に BackWPup プラグインでバックアップを実施し、その後でアップデートしています。ひとつ前の状態に戻す事ができるので、それほど気構えしなくてもアップデートできます。

私は Synology の NAS を使用しています。スマホの写真・動画や PC のバックアップに加え、常時起動させている事を利用して、このブログのバックアップデータの rsync 等、定期的に実施したい事を仕込んでいます。CPU が Intel 製の機種がお勧めです。

DS224plus であれば CPU は J4124 (4c4t) ですので、私のサブマシンの Minisforum GK41 と同じです。Windows11 Pro もそれなりに動作しますので、メモリを増やせば Synology DSM は軽快に動作すると思いますし、内部で Linux が動いていますので活用の幅は広いと思います。

Linux の設定・操作に抵抗がなく、且つ初期投資を抑えるのであれば、Intel N100 の MiniPC を活用する事も出来ます。

NVMe SSD 500GB は NAS としては少々厳しいですが、NVMe や SATA 2TB SSD もそれなりの価格で購入できますので、RAID1 組んで NAS として使用するのも面白そうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました