仮想化

スポンサーリンク
LiteSpeed Cache

複数ページの PageSpeed Insights の結果を一括で取得する方法

ウェブブラウザで複数ページの PageSpeed Insights の結果を取得するのは煩雑な作業ですので、スクリプトで一括で取得するようにしました。この先、QUIC.cloud CDN の無料枠を使い切った場合、またリージョンを絞った場合の影響を調査するのに使用します。
StableDiffusion

Windows11 WSL2 Ubuntu 22.04 LTS の CUDA ライブラリを Symbolic link に変更するスクリプト

Windows11 の GPU のドライバ更新により、WSL2 Ubuntu 22.04 LTS で使用する CUDA ライブラリが symbolic link ではなく実体に戻ってしまいます。毎回手作業で修正するのは面倒なので、簡単なスクリプトを作成しました。
Hyper-V

memtest86+ Ver.6.10 を Ubuntu 22.04 LTS の grub から起動する

PC 不調の原因がメモリにありそうでしたので、メモリチェックを実施しようと Windows メモリ診断と Memtest86+ USB版で試そうとしても使用できませんでした。別の方法として、Ubuntu 22.04 LTS の grub から Memtest86+ を起動させるように設定しました。
Linux

Windows11 WSL2 の Stable Diffusion WebUI の環境を CUDA 11.7 で作り直す

Ubuntu 22.04 LTS 標準の CUDA 11.5 で Stable Diffusion WebUI を WSL2 にインストールしましたが、PyTorch の要求する CUDA のバージョンと異なる状態でした。CUDA 11.7 で環境を再構築しました。
ssh

Windows11 github 版 OpenSSH beta を使ってみた ~ ssh-agent の不具合対処 ~

Windows11 標準の ssh-agent.exe のバージョンの古さに起因する不具合を github 版の OpenSSH を使用する事で解消しました。Windows11 の ssh-agent サービスの鍵情報を WSL2 や Linux の ssh で利用できます。
BackWPup

WordPress のバックアップデータを rsync で定期的に Synology NAS に同期する

WordPress の BackWPup プラグインでバックアップしているデータを、Synology DS218+ に定期的に同期するように設定しました。rsync + ssh で同期して、一定回数のバックアップを残します。
PC

Windows11 WSL2 Ubuntu 22.04 LTS で Stable Diffusion WebUI の環境を構築する

WSL2 Ubuntu 22.04 LTS に Stable Diffusion WebUI の環境を構築しました。1200 x 620 ピクセルの画像も作成できるし、複数作成して比較も出来るし、非常に便利です。
Hyper-V

KeePassXC で ssh 秘密鍵も管理して ssh-agent と連携する ~ Linux 編 ~

Windows11と同様に、Linux で KeePassXC を使用すれば、起動時に ssh-agent に鍵情報を記録し、終了時に消去します。Windows11 から ssh を -A オプション付きで Linux にログインすれば、Windows11 の ssh-agent の鍵情報を使用できます。ただし条件付きです。
KeePassXC

wsl2-ssh-agent を使用して WSL2 ssh から Windows11 ssh-agent を利用する

Windows11 の ssh-agent の不具合 (バージョンが古いのが原因?) により、WSL2 の新しめの Linux の ssh で鍵情報を使用できない不具合がありました。wsl2-ssh-agent を使用する事で不具合を回避できました。
KeePassXC

KeePassXC で ssh 秘密鍵も管理して ssh-agent と連携する ~ WSL2 編 ~

KeePassXC で ssh の秘密鍵を管理するようにすれば、Windows11 の ssh-agent に渡すことができ、その鍵情報を WSL2 から参照する事が出来ます。KeePassXC を起動するだけで、Windows 上の ssh/scp と WSL2 上の ssh/scp の両方から、パスフレーズの入力をせずにログインやサイト間のコピーを行う事が可能になります。
スポンサーリンク