LOLIPOP!

スポンサーリンク
BackWPup

WordPress のバックアップデータを rsync で定期的に Synology NAS に同期する

WordPress の BackWPup プラグインでバックアップしているデータを、Synology DS218+ に定期的に同期するように設定しました。rsync + ssh で同期して、一定回数のバックアップを残します。
Cocoon

Google AdSense 承認と ads.txt の配置とレイアウト変更と AMP 機能の有効化

Google AdSense 通りました。これを機に規約違反になりそうなレイアウトを見直しました。また、Cocoon テーマの AMP 機能を有効化し、AMP テストに不合格になる項目を修正しました。Cocoon 標準のアソシエイト機能を使うように変更しました。
Hyper-V

KeePassXC で ssh 秘密鍵も管理して ssh-agent と連携する ~ Linux 編 ~

Windows11と同様に、Linux で KeePassXC を使用すれば、起動時に ssh-agent に鍵情報を記録し、終了時に消去します。Windows11 から ssh を -A オプション付きで Linux にログインすれば、Windows11 の ssh-agent の鍵情報を使用できます。ただし条件付きです。
KeePassXC

wsl2-ssh-agent を使用して WSL2 ssh から Windows11 ssh-agent を利用する

Windows11 の ssh-agent の不具合 (バージョンが古いのが原因?) により、WSL2 の新しめの Linux の ssh で鍵情報を使用できない不具合がありました。wsl2-ssh-agent を使用する事で不具合を回避できました。
Git

KeePassXC で ssh 秘密鍵も管理して ssh-agent と連携する ~ Pageant 対応ソフトウェア、及び Git for Windows 編 ~

KeePassXC の ssh 秘密鍵の情報を Windows11 ssh-agent を経由して、WinSCP 等の Pageant 環境と、Git for Windows 等の MSYS2 環境にプロキシして渡す方法をまとめました。
KeePassXC

KeePassXC で ssh 秘密鍵も管理して ssh-agent と連携する ~ WSL2 編 ~

KeePassXC で ssh の秘密鍵を管理するようにすれば、Windows11 の ssh-agent に渡すことができ、その鍵情報を WSL2 から参照する事が出来ます。KeePassXC を起動するだけで、Windows 上の ssh/scp と WSL2 上の ssh/scp の両方から、パスフレーズの入力をせずにログインやサイト間のコピーを行う事が可能になります。
KeePassXC

KeePassXC で ssh 秘密鍵も管理して ssh-agent と連携する ~ Windows11 編 ~

KeePassXC に ssh の秘密鍵を登録して、Windows11 で ssh-agent サービスを起動すれば、KeePassXC を起動すると秘密鍵を登録し、終了すると秘密鍵を消去する事が出来ます。公開鍵認証で他のサーバーにログインする際に、パスフレーズを入力する必要がなくなります。
KeePassXC

KeePassXC で ssh 秘密鍵も管理して ssh-agent と連携する ~ 導入編 ~

ssh の鍵ペアを管理する方法が長年の悩みでしたが、KeePassXC でパスワードと一緒に管理する方法を試してみる事にしました。特に、Windows や WSL2、Linux で ssh-agent と連携できるのが分かりましたので、便利に使えそうです。先ずは、ssh 公開鍵認証で LOLIPOP! レンタルサーバーにログインできるところまでを導入編としてまとめました。
Cocoon

LOLIPOP! の WAF が厳しい

Cocoon のソースコード表示の設定を変更して保存しようとした際に、WAF が発動してアクセス拒否、リンク先に WAF により制限された旨が表示されていました。回避手段があるので、個人的には WAF の発動条件が現状維持でも許容します。
LOLIPOP!

WordPress のバックアップとリストアを試す

WordPress BackWPup プラグインで手動・自動バックアップを行うように設定しました。アップデート前等に手動バックアップ、日々の記事を自動バックアップする事により、データ消失のリスクを下げられます。また、バックアップデータもリストア手順が明確でないと有効活用できません。実際にリストアして問題なくサイトを復旧できる事を確認しました。
スポンサーリンク